青森県産特A米「青天の霹靂」 他県銘柄と勝負の年2016!

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 青森「つがる市馬市まつり2018」開催!@8月24日~26日
  2. あおもり黒石「ふるさと元気まつり2019」花火大会開催:2019年8月17日
  3. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  4. 青森・平内町「ほたての祭典2018」開催!@9月16日
  5. つがる市馬市まつり2019開催:2019年8月23日~25日
  6. 「全日本タレ総選挙2017」の結果発表!第一位は青森の「スタミナ源タレ」に決定!
  7. 東奥日報新町ビルNew’sが2019年4月1日オープン!
  8. タピオカスイーツ専門店が青森県初出店=五所川原市・エルムの街:2019年7月12日
  9. 「青森・竜飛崎 」から北海道がくっきりと見える (2017年4月)
  10. ふるさと名物商品全品30%OFF情報!

2016青森県産特A米「青天の霹靂」平川で出荷式 他県銘柄と勝負の年!

三村申吾知事も「青森県もこの驚きのおいしさを発信する」と語った。販売は10月10日から始まる。

特A米「青天の霹靂(へきれき)」

県産特A米「青天の霹靂(へきれき)」の出荷式が4日、平川市のJA津軽みらい平川低温農業倉庫であり、平川市内で収穫された約35トン(594俵)を出荷した。

昨年、独特なネーミングで鮮烈なデビューを飾ったが、2年目となる今年は、岩手県が特A米「銀河のしずく」を打ち出してくるなど、他県の銘柄米と競う上でも勝負の年となる。

「青天の霹靂」をトラックに積み込む作業員=いずれも平川市大光寺のJA津軽みらい平川低温農業倉庫で▼

 
%e3%81%82%e3%81%8a%e3%82%82%e3%82%8a%e7%b1%b3

スポンサードリンク

青天の霹靂は、高い品質を保つために厳しい出荷基準が定められ、生産地や収穫期が限定されている。16年産は、津軽地方の13市町村、計1560ヘクタールで約8000トンを収穫。15年産の約2500トンから大幅に増えた。
出荷式には生産者や農協関係者らが参加。主催者の全農青森県本部の竹ケ原幸光副会長は「一粒一粒に生産者の思いが詰まっている。販売に全力を挙げていく」とあいさつ。
出典:毎日新聞

AOMORI Online latest information

 


スポンサードリンク
(Visited 80 times, 1 visits today)