青森「雪かき手伝って商品券もらおう」ポイント制度開始!

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 黒石「ふるさと元気まつり2018 」開催!@8月17日
  2. AOMORI「黒石よされ(流し踊り)2018」開催!8月15日~16日
  3. むつ市「田名部まつり 2018」開催!@8月18日~20日
  4.  コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  5. 青森「のへじ祇園まつり2018」開催!@8月16日~19日
  6. 黒石「ふるさと元気まつり」 2017 開催!⦅8月17日 ⦆
  7. 「第12回しちのへ夏まつり2018」花火打ち上げ 開催!@8月16日
  8. AOMORI「野辺地花火大会2018」開催!@7月15日
  9. 2017「つるたまつり花火大会 」青森県 / 津軽富士見湖(8月16日)
  10. 青森・田舎館村「田んぼアート2018」見ごろご案内!

青森「雪かき手伝って商品券もらおう」ポイント制度開始!

子供の人間形成🔁高齢者の質量と経験値

ボランティアに参加した際にスタンプを押してもらう専用の手帳

スポンサードリンク

支援のニーズと市民の活動意欲をうまくマッチング

少子高齢化などで地域の支え手が減る中、住民の助け合いの輪を広げようと、市が10月に導入した。満18歳以上(高校生は除く)が対象で、支援のニーズと市民の活動意欲をうまくマッチングさせ、幅広い年齢層にボランティアへの参加を促すことなどが狙い。

活動は、高齢者支援▽介護予防▽雪対策支援の3分野に分

計12種類がある。雪国ならではの雪対策支援では、1人暮らしの高齢者世帯の除雪や、積雪が1メートルを超えた時の屋根の雪下ろし、通学路を確保するための除雪などがある。

「地域福祉サポーター」の登録制

希望者は、市ボランティアセンター(青森市本町4)で「地域福祉サポーター」の登録をする。1時間の活動で1ポイントがたまり、1日2ポイントが上限。1ポイント=100円換算で、1年間で最大50ポイント(5000円相当)まで付与される。専用の手帳にポイント数を記録し、同センターで商品券か市営バスカードに交換できる。

11月30日現在のサポーター登録者数は1898人

市福祉政策課の福井直文課長は「特に若い人にボランティア活動に目を向けてもらい、どんどん参加してほしい」と話している。問い合わせは、市福祉政策課(017・734・5313)か、市ボランティアセンター(017・723・1340)。

記事元:毎日新聞



すごくいい政策です。少子高齢化の対策の基本は「子供と大人が」組織的とゆう言葉よりグループチーム制的なチーム名を結成して助け合う社会として新しい日本的な精神文化を根付かせていくことが本質的な明るい未来形成につながるのではと思う。チームポイント制もアイディとして考えてもいいのでは、と思う。また地域活性ポイント制などもあっていいと思う。ITの世界、現在の日本の日常の世界ではTポイントのようなことが常識の時代に気づかないうちになっている。このモデルを垣根を超えて導入すると経済活性にもつながるだう?

子供と大人が自立心をもって助け合いの時代に突入している。

子供の人間形成🔁高齢者の質量と経験値

子供と大人の社会性のウイン・ウインを自覚する。

少子X高齢+社会政策がにほんをすくう。この場を借りて主導権をにぎっている日本のあなたたちにお願いしたい。

AOMORI Online latest informatio

スポンサードリンク
(Visited 44 times, 1 visits today)