青森市中央卸売市場で初競り(青森)

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 日本を代表する夏祭り青森「ねぶた」とコラボ  椎名林檎
  2. 青森県産リンゴ の新品種「はつ恋ぐりん」限定販売!
  3. 「りんご娘」地方創生アイドル“襲名” 「青森県産リンゴ娘」!
  4. 「全日本タレ総選挙2017」の結果発表!第一位は青森の「スタミナ源タレ」に決定!
  5. 青森 2016「ミスねぶたコンテスト 」グランプリ に弘前出身・山口さんが輝いた!
  6. 青森の釣り・深浦沖で超高級魚「アカムツ=ノドグロ」を追う!
  7. 2018「南部地方えんぶり」開催!@2月10日~11日
  8. 「青森産美BODYガール」=北向珠夕の大収穫 ”りんごグラビア”!?
  9. 「大正天皇初等科時代の制服」弘前に現存していた。
  10. 弘前城雪燈籠まつり2020始まる

青森市卸町の青森市中央卸売市場で5日、鮮魚の初競りがあった。

青森市中央卸売市場で初競り/青森

夜明け前の午前5時過ぎに開始のベルが鳴り、大勢の卸売業者らが新鮮な魚介類を見定め、買値を競い合っていた。


スポンサードリンク

市場には県内外でとれたタラやカンパチ、タイなどが並んだ。初競り式に参加した小野寺晃彦市長の合図で競りが一斉に始まり、値段がついた箱には、各業者の番号が書かれた紙が置かれていった。

同市場の管理課によると、この日の入荷量は約96トンで、昨年の初競りよりも約30トン少ない。売上高は約9598万円で、旬のタラが多く取引された。同日午前6時半には農産物の初競りもあり、キャベツや大根、ニンジンなど、全国各地から約158トンが入荷した。

同市の仲卸業「東青水産」の貝森孝二さん(48)は「入荷量は少なかったが、アンコウやヤリイカ、タラを仕入れることができてよかった」と話した。

出典:毎日新聞

AOMORI Online latest information

スポンサードリンク
(Visited 184 times, 1 visits today)