青森「八戸工場大学」がライトアップイベント「虹色の狼煙(のろし)」を行った。

本日のアクセスランキング TOP10

  1. コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  2. 青森「大間のマグロに賭けた男たち 特別編」が初放送!@3月18日
  3. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  4. 弘前市「沢田ろうそくまつり」今年のテーマは「時代」@2019年2月19日 
  5. 青森・陸奥湾でトゲクリガニ漁が始まる!
  6. 青森「コメダ珈琲店」=「名古屋式」で全国制覇=空白県の青森に2019年6月進出-コメダ発表!
  7. 青森駅の高速バス乗り場を解説。 コインロッカーやネットカフェ、温泉など周辺の便利スポットも
  8. 【注目】凄い「さびない塗料」を弘前の会社と香川大と共同製造をスタート!
  9. 弘前市・沢田神明宮境内(旧相馬村)「沢田ろうそくまつり」2018開催!@3月2日
  10. 八戸市及びNEXCO東日本八戸管理事務所が進めてきた「八戸西スマートインターチェンジ」が3月23日(土)15時に開通する。

「八戸工場大学」ライトアップするイベント「虹色の狼煙(のろし)」を行った。

ライトアップされ、幻想的な美しさを見せる煙=14日、八戸市沼館


スポンサードリンク

青森県八戸市の工業地帯を地域の文化資源としてとらえ、アートの視点で魅力を発信する市民活動「八戸工場大学」は14日、同市の沼館緑地公園で、工場から寒空へ立ち上る煙をカラフルにライトアップするイベント「虹色の狼煙(のろし)」を行った。訪れた多くの市民らが、幻想的な美しさを楽しんだ。

同大学は同市が2013年に開設し、年度ごとに全6回の講義や課外活動などを行っている。イベントは本年度の目玉企画で、同市の大平洋金属が協力した。

同公園から新井田川を挟んだ向かいの場所に立地する、同社工場の高さ約50メートルの煙突2本から勢いよく出る水蒸気の煙を、6基の照明を使い赤や青、緑色などにライトアップ。工場の壁面には、工業地帯などを説明するメッセージもプロジェクターで投影されて、市民らは風向きによって姿を変えるアートを楽しんだ。

出典:どうしん

AOMORI Online latest information

スポンサードリンク
(Visited 82 times, 1 visits today)