青森「八戸工場大学」がライトアップイベント「虹色の狼煙(のろし)」を行った。

本日のアクセスランキング TOP10

  1.  コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  2. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  3. 「2018ミスねぶたコンテスト」グランプリは明大の野里美央さん!@6月23日
  4. 青森・むつ市「むつ来さまい館 冬まつり」開催!2019年1月20日
  5. 青森・五所川原に初の本格「インドカレー専門店」が3月にオープンしました!
  6. 青森「大間のマグロに賭けた男たち 特別編」が初放送!@3月18日
  7. 八戸・南郷「南郷雪蛍まつり」開催!@2019年2月9日
  8. ふるさと名物商品全品30%OFF情報!
  9. 2017「クリガニ」青森・陸奥湾の春の味覚は美味い!
  10. 弘前市「沢田ろうそくまつり」今年のテーマは「時代」@2019年2月19日 

「八戸工場大学」ライトアップするイベント「虹色の狼煙(のろし)」を行った。

ライトアップされ、幻想的な美しさを見せる煙=14日、八戸市沼館


スポンサードリンク

青森県八戸市の工業地帯を地域の文化資源としてとらえ、アートの視点で魅力を発信する市民活動「八戸工場大学」は14日、同市の沼館緑地公園で、工場から寒空へ立ち上る煙をカラフルにライトアップするイベント「虹色の狼煙(のろし)」を行った。訪れた多くの市民らが、幻想的な美しさを楽しんだ。

同大学は同市が2013年に開設し、年度ごとに全6回の講義や課外活動などを行っている。イベントは本年度の目玉企画で、同市の大平洋金属が協力した。

同公園から新井田川を挟んだ向かいの場所に立地する、同社工場の高さ約50メートルの煙突2本から勢いよく出る水蒸気の煙を、6基の照明を使い赤や青、緑色などにライトアップ。工場の壁面には、工業地帯などを説明するメッセージもプロジェクターで投影されて、市民らは風向きによって姿を変えるアートを楽しんだ。

出典:どうしん

AOMORI Online latest information

スポンサードリンク
(Visited 75 times, 1 visits today)