【青森県】本のまち・八戸の拠点施設「八戸ブックセンター」がオープン!

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 青森「つがる市馬市まつり2018」開催!@8月24日~26日
  2. 三沢の夏の祭典「三沢まつり2019」開催:8月22日~25日
  3. 青森県上北群「東北町秋まつり2018」開催!@8月23日~26日
  4. タピオカスイーツ専門店が青森県初出店=五所川原市・エルムの街:2019年7月12日
  5. AOMORI「2019田舎館・夏のいちごいち」:8月24日~25日開催!
  6. 【速報!】 2017ミス・ユニバース青森代表は相馬さんに決定!
  7. あおもり・「だし活」CMダブル受賞に係る青森・知事を表敬訪問しました(5月12日)
  8. 2017 「つがる市馬市まつり」開催!⦅8月25日~27日⦆
  9. 「青森・竜飛崎 」から北海道がくっきりと見える (2017年4月)
  10. 青森県民は太りやすい !? ライザップが発表した「都道府県別BMI分析」

青森・八戸にもニュータイプの書店が登場!

本を買うだけじゃなく、本に親しむための新スポットへ行ってみませんか?こちらで購入のビールも飲める!

最近、カフェや雑貨店などを併設するオシャレなブックストアが急増中ですが、八戸にもニュータイプの書店が登場。本を熟知したスタッフによってセレクトされた書籍の数々やユニークな機能が充実。


スポンサードリンク

テーマごとに分かれた書棚で新しい発見が待っている?!

テーマごとに分かれた書棚で新しい発見が!

公共施設「八戸ブックセンター」がオープン。

「本のまち」として本に親しむ環境づくりに力を入れている八戸市。そんな本のまちに、書店員がセレクトした本がずらりと並ぶ書棚の1番の特徴は、そのジャンル分け。自然、人文、芸術、世界の入門図書が並ぶ「知へのいざない」の棚、生きていく中での普遍的なテーマを入口とした本が並ぶ「人生について」の棚、本とまちをテーマにした本が並ぶ「本のまち八戸」の棚に加え、八戸にゆかりのある人に選書された本などが並ぶ棚があります。あらかじめ決めていた本を探すだけでなく、この書店だからこその作品との出会いがあるのがこの施設の魅力です。

本に親しむための機能が充実!

本について語り合える読書会ルームや、本にまつわる展示を開催するギャラリー、本を執筆するカンヅメブースまである充実ぶり。出版や執筆について相談できる窓口も備え、読む人だけでなく書く人にもうれしい施設になっています。

ドリンク片手にのんびり読書を楽しもう!

ドリンク片手にのんびり読書を楽しもう!

店内ではアルコールを含むドリンク販売もあり

こちらで購入したものに限り、施設内で自由に飲むことができます。施設内の所々にある読書用の席や本棚にはドリンクホルダーも設置。ハンモック席などくつろぎスペース満載でついつい長居してしまいそうな新しい施設へ、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

八戸ブックセンター

はちのへぶっくせんたー

住所 青森県八戸市六日町16-2Garden Terrace 1階 MAP
TEL 0178-20-8368

公共交通

JR本八戸駅→徒歩約10分

八戸道八戸IC

駐車場

なし

料金

八戸道八戸ICから国道340号経由5km・12分

時間

11〜20時

休み

火曜(祝日の場合その翌日)

URL

https://8book.jp/

AOMORI Online latest information
スポンサードリンク
(Visited 104 times, 1 visits today)