世界最大級!ダンスとパフォーマンスの祭典SHIROFES.2017 in HIROSAKI

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 青森「雲谷新そばまつり2018」開催!10月6日~8日、13日~14日
  2. 白神山地の「世界自然遺産 青池」の青い色の謎がとけた!?
  3. Welcom to AOMORI-Shi 青森市レンタサイクル!
  4. 青森・田子町「地域おこし協力隊」制度で「伝承へ挑戦続く全国唯一の職人」が奮闘中!
  5. 「青森・竜飛崎 」から北海道がくっきりと見える (2017年4月)
  6. 北海道新幹線は 津軽海峡 !青函トンネル! 高倉健!映画「海峡」!へとつながる!
  7.  青森「津軽三味線」発祥地の金木で伝統ある「全日本大会」 開催!(2018年5月4日~5日)
  8. AKB48劇場にて公演デビューした″ヨコちゃん“こと横山結衣
  9. AOMORI「SHIRAKAMI LIFE&ACTIVITIES」白神山地を海外発信、青森県が英語版公式サイト公開!
  10. 青森・鶴田 津軽富士見湖「全国へら鮒(ぶな)つり大会」(4月30日)

世界最大級!ダンスとパフォーマンスの祭典SHIROFES.2017

2017年6月30日(金)~7月2日(日)、青森県弘前市でHIROSAKI DESIGN WEEKのイベントとして、世界最大級のダンスとパフォーマンスの祭典を開催する。

あの感動が再び!今年はRed Bull BC One Campとコラボ!

世界6か所で開催されるヒップホップカルチャーの複合的イベント!
HIROSAKI DESIGN WEEK事業として、昨年7月に弘前公園本丸敷地内で開催され、5,000人を動員したSHIROFES.が、今年は6月30日(金)から7月2日(日)の3日間に渡って、弘前大学(6月30日・7月1日)と弘前公園本丸敷地内(7月2日)で開催される。
ダンスとパフォーマンスの祭典SHIROFES.2017

国内外からも多くの方が弘前に訪れる。昨年以上に、子どもから大人まで楽しめるコンテンツが盛りだくさんの3日間になる。

Red Bull BC One Camp


スポンサードリンク

Red Bull BC One Camp

SHIROFES.2017とは

2017年6月30日~7月2日に弘前市内で開催されるダンスとパフォーマンスの祭典。弘前大学と弘前城天守が曳屋された最高のロケーションで、ダンス・音楽・アート・プロジェクションマッピングなど、地元クリエイターと国内外で活躍するトップクリエイターが一緒になってコンテンツを作り上げ、大人から子どもまで楽しめるイベント。

Red Bull BC One Campとは

今年で14年目を迎える世界最高峰のブレイクダンスバトルコンテストRed Bull BC Oneのサブコンテンツとして2016年からはじまった、ダンスワークショップ、ダンスバトル、アート作品の展示、トークセッションなど複合的プログラムを集合させたイベントで、2017年はオランダ、イタリア、フランス、ロシア、トルコそしてアジア圏では日本のここ弘前で開催が決定した。
昨年名城大学で開催された「Red Bull BC One Camp2016」では、のべ6,000人を動員。
POPダンスのソロバトル“SAMURAI”弘前城の下で、世界王者が誕生!
昨年から新しく始まったPOPダンスの世界大会、POP 1on1 BATTLE “SAMURAI”。
SHIROFES.2016ではアジア最終予選大会が開催され、アジアのダンサー8名により数々の熱戦が繰り広げられたが、今年はなんと7月2日(日)に世界大会も開催。
世界大会に出場できるダンサーは、世界中(アメリカ、フランス、カナダ、スイス、韓国、日本)から選出された招待選手7名と、前日に開催されるアジア最終予選大会(世界中から参加が可能)の優勝者のみ!ここ弘前でついに、世界王者が誕生する!

■イベント開催概要

日時 : 1日目 2017年6月30日(金)16時から21時30分まで
    2日目 7月1日(土)10時から21時30分まで
    3日目 7月2日(日)10時30分から20時30分まで
場所 : 1日目・2日目 / 弘前大学創立50周年記念会館、3日目 / 弘前公園本丸敷地内
主催 : 弘前デザインウィークコンソーシアム
共催 : 弘前市、弘前大学
運営 : FUNKY STADIUM
入場料: 無料
    *3日目の本丸敷地内は有料区域ですが、この日限り無料で入園できます。
    *コンテンツによっては参加費が発生するものもあります。
出典:T-SITE 
世界最高峰のブレイクダンスバトルコンテストが弘前で行われます。実のところTVや若者たちが駅の空きスペースで練習しているの見たことはありますが。簡単にやっているように見えますが、すごいことなんですよね。誰でもできることじゃないです、別種目のオリンピック選手とてできないでしょう。
今回の世界大会はおそらく想像をこえたパフォーマンスが続出する大会ですから、観るだけでも価値はあうると思います。またサブコンテンツとしてダンスワークショップ、ダンスバトル、アート作品の展示、トークセッションなど複合的プログラムを集合させた、これだけのマルチイベントはめったにないボリュームのある内容で楽しみですね。
ちょっと想像もつかないのですが、大人から子供まで楽しませてくれる地元のクリエーターと内外で活躍しているクリエーターが演出する内容は凄いと想像に難くないと思います。いま流行りのプロジェクションマッピングはどんな内容なんだろう?見どころ満載のイベントとなっているようです。是非ともみておきたいイベントですね。
青森オンライン最新情報

スポンサードリンク
(Visited 97 times, 1 visits today)