青森県で初のクマ出没注意報発令!2017

本日のアクセスランキング TOP10

  1.  コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  2. 黒石市 旧正名物「マッコ市」開催!@2019年2月3日
  3. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  4. ふるさと名物商品全品30%OFF情報!
  5. 2018 黒石市 旧正名物「マッコ市」開催!⦅2月4日⦆
  6. 【注目】凄い「さびない塗料」を弘前の会社と香川大と共同製造をスタート!
  7. 「豪雪“隠れ日本一”」の町=冬の間スキー場閉鎖とは!?
  8. 「東北絆まつり2019」福島で開催!=(6月1日~2日)元気と魅力発信!
  9. 八戸・南郷「南郷雪蛍まつり」開催!@2019年2月9日
  10. 青森・リンゴ園に「野ネズミハンター」=「フクロウ」誕生!

青森県で初のクマ出没注意報発令!2017

最近クマによる被害が増えており初となる出没注意報発令!2017

県は先月・ツキノワグマ出没注意報警報発表制度を創設した。

ツキノワグマによる人身被害が相次いでいることから、青森県は21日、クマ出没注意報を発表した。11月30日まで。出没情報に気を配り、複数で山に入るなどの注意を呼びかけている。

県内では今月20日に十和田湖畔の山林でキノコ採りをしていた76歳の男性がツキノワグマに襲われ、手の指の骨を折るけがをするなど今年、人身被害が5件発生した。

出典:産経ニュース

ツキノワグマは怖いながらも怖い動物といゆうイメージが薄かったのですが、最近の被害情報を聞くたびに恐怖へと変わってきました。そもそも、クマと遭遇することが過去までには少なかったと思います。クマのえさ不足で人間のテリトリーまで来るようになったと考えられる。昔の里山の住人も少なくなってきたことなどの影響もあるでしょう。うまい対策を考察していくことが大事だと思います。クマに限らず、猪、サル、シカなども同様に被害対策を練った対処が必要です。現代の科学をもってAIによる解決策を考えられないでしょうか。

青森オンライン最新情

スポンサードリンク
(Visited 103 times, 1 visits today)