八戸・館鼻岸の巨大朝市=「館鼻岸壁朝市 2018」 開幕!

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 白神山地の「世界自然遺産 青池」の青い色の謎がとけた!?
  2. 青森県産リンゴ の新品種「はつ恋ぐりん」限定販売!
  3. Welcom to AOMORI-Shi 青森市レンタサイクル!
  4. 奥入瀬渓流沿いオープンバスのツアー開始:2020年8月1日~
  5. 青森が生んだ「美少女・駒井蓮さん15歳」女優 CMに登場!
  6. 青森・美人『第1回美しい20代コンテスト』受賞者お披露目発表会が29日 都内で開催された。
  7. 変わった!「世界最速列車」国別ランキング発表!
  8. 第34回「弘前城ミス桜グランプリ」に木村さん(24)が輝いた!
  9. 青森の釣り・深浦沖で超高級魚「アカムツ=ノドグロ」を追う!
  10. 「青森・竜飛崎 」から北海道がくっきりと見える (2017年4月)

八戸・巨大朝市「館鼻岸壁朝 2018」 開幕!

開催期間:

今年もはじまる日本一の巨大朝市 毎年、写真を見てもわかるように、大勢の人でにぎわっています。

鼻岸壁で行われている朝市は約300店ほどの出店があり、1万~3万人もの人出で賑わうことから“日本一の朝市”と呼ばれます。

新鮮な魚介類や干物などの海産物をはじめ、季節の野菜や果物など、近隣からの獲れたての食材が集まります。

同じく湊町では、昔ながらの風情が残る「湊山手通り朝市」が、八戸市中心街の三八城神社境内では「三八城山(みやぎさん)日曜朝市」が開催され、八戸の日曜は早朝から賑わいます。

冬期間を除く毎週日曜は、これらの朝市会場を結ぶ日曜朝市循環バス「ワンコインバス・いさば号」が運行され、複数の朝市を便利に楽しめます。

「朝市から始まる八戸の一日」

食の宝庫であり、市民の社交の場でもある朝市は、早朝からにぎわいを見せる八戸の元気の源。
朝を楽しむ八戸ならではのライフスタイル、体験してみませんか。

関連画像


スポンサードリンク

「館鼻岸壁朝市」の画像検索結果
開催地:
館鼻岸壁
開催期間:

※イベントの中止や開催期間の変更に関しては、「問い合わせ先」欄に掲載の連絡先までご確認ください。
主催者:
協同組合湊日曜朝市会
問い合わせ先:
八戸市観光課 0178-46-4040
関連サイト:
https://hachinohe-kanko.com/10stories/asaichi(外部サイト)

館鼻岸壁

館鼻岸壁の地図
住所:青森県八戸市新湊3丁目
アクセス:JR八戸線「陸奥湊駅」から徒歩10分

AOMORI Online latest information

スポンサードリンク
(Visited 1,069 times, 1 visits today)