青森県「青い森紅サーモン」今秋デビュー

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 青森「雲谷新そばまつり2018」開催!10月6日~8日、13日~14日
  2. 白神山地の「世界自然遺産 青池」の青い色の謎がとけた!?
  3. 「青森・竜飛崎 」から北海道がくっきりと見える (2017年4月)
  4. Welcom to AOMORI-Shi 青森市レンタサイクル!
  5. 青森・田子町「地域おこし協力隊」制度で「伝承へ挑戦続く全国唯一の職人」が奮闘中!
  6. 北海道新幹線は 津軽海峡 !青函トンネル! 高倉健!映画「海峡」!へとつながる!
  7.  青森「津軽三味線」発祥地の金木で伝統ある「全日本大会」 開催!(2018年5月4日~5日)
  8. AKB48劇場にて公演デビューした″ヨコちゃん“こと横山結衣
  9. AOMORI「SHIRAKAMI LIFE&ACTIVITIES」白神山地を海外発信、青森県が英語版公式サイト公開!
  10. 青森・鶴田 津軽富士見湖「全国へら鮒(ぶな)つり大会」(4月30日)

青森県「青い森紅(くれない)サーモン」今秋デビュー

青森県は青森県産業技術センター内水面研究所(十和田市)が開発した淡水大型ニジマスの名称を「青い森紅(くれない)サーモン」に決めた。名称は公募で寄せられた897本の中から選定した。身の赤色の濃さ、さっぱりとした脂とうまみを特徴に、青森県を代表するブランドとして育てる。2020年秋の販売開始を目指す。

青い森紅サーモンの刺身。赤色の濃さが特徴


スポンサードリンク

青い森紅サーモンの開発は05年に開始。100年以上前からニジマスを養殖している技術を生かし、県の環境に適した青森系ニジマスと、大きく育つドナルドソンニジマスを掛け合わせて生まれた。県産リンゴとニンニクが入った餌を与えることでさっぱりとしたうまみが増したという。

淡水で養殖できるうえ、肉質が落ちないので通年出荷できる。1匹2キログラム以上になってから出荷する。初年度は約5トン(約2500匹)を出荷する予定。今後、養殖事業者も増やしていく。

出典:日本経済新聞

スポンサードリンク
(Visited 96 times, 1 visits today)