青森:豆の味ぎゅっと「目屋豆腐」作り始まる!

本日のアクセスランキング TOP10

  1.  コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  2. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  3. 「2018ミスねぶたコンテスト」グランプリは明大の野里美央さん!@6月23日
  4. 青森・むつ市「むつ来さまい館 冬まつり」開催!2019年1月20日
  5. 青森・五所川原に初の本格「インドカレー専門店」が3月にオープンしました!
  6. ふるさと名物商品全品30%OFF情報!
  7. 青森「大間のマグロに賭けた男たち 特別編」が初放送!@3月18日
  8. 八戸・南郷「南郷雪蛍まつり」開催!@2019年2月9日
  9. 弘前市「沢田ろうそくまつり」今年のテーマは「時代」@2019年2月19日 
  10. 「2018青森港クルーズ豪華客船」寄港スケジュールまとめ!寄港数UP!

豆の味ぎゅっと、しっかり固い「目屋豆腐」作りが26日、青森県西目屋村で始まった。

目屋豆腐は、かつて同村の砂子瀬地区などの家庭で作られていた。目屋ダム、津軽ダムの建設に伴う住民移住に伴い、伝統はいったん途絶えたが、2014年2月、国土交通省津軽ダム工事事務所や村、住民らが協力し復活させた。

今シーズンは27日から売り出す。1日120丁限定で1丁200円(税込み)。問い合わせはビーチにしめや(電話0172-85-2855)へ。

冷水の中で出来たての豆腐を切り分ける小山内さん


スポンサードリンク

この日は、物産センター「ビーチにしめや」に隣接する加工食品センター「味な工房」で、地元のブナの里白神公社職員が作業。大豆をすりつぶして作った豆乳に凝固剤を入れて型に流し込み、重しを乗せて数十分後に水分が抜けると、40丁分の大きな豆腐が完成。冷水の中で丁寧に切り分け、1丁ずつパックに詰めていた。

製造担当の小山内悠平さん(28)は「販売を始めて約3年がたち、味や作り方が安定してきた。昨年度以上に多くの方に食べてほしい」と期待した。

今シーズンは27日から売り出す。1日120丁限定で1丁200円(税込み)。問い合わせはビーチにしめや(電話0172-85-2855)へ。

出典:どうしん

AOMORI Online latest information

スポンサードリンク
(Visited 93 times, 1 visits today)