2017「弘前さくらまつり」開催100年目、桃色の水面「花いかだ」人気です(4月22~

本日のアクセスランキング TOP10

  1. コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  2. 青森「大間のマグロに賭けた男たち 特別編」が初放送!@3月18日
  3. 弘前市「沢田ろうそくまつり」今年のテーマは「時代」@2019年2月19日 
  4. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  5. 青森・陸奥湾でトゲクリガニ漁が始まる!
  6. 青森駅の高速バス乗り場を解説。 コインロッカーやネットカフェ、温泉など周辺の便利スポットも
  7. 青森「コメダ珈琲店」=「名古屋式」で全国制覇=空白県の青森に2019年6月進出-コメダ発表!
  8. 【注目】凄い「さびない塗料」を弘前の会社と香川大と共同製造をスタート!
  9. 弘前市・沢田神明宮境内(旧相馬村)「沢田ろうそくまつり」2018開催!@3月2日
  10. 八戸市及びNEXCO東日本八戸管理事務所が進めてきた「八戸西スマートインターチェンジ」が3月23日(土)15時に開通する。

大勢の花見客でにぎわう「弘前さくらまつり」が22日、弘前公園で開幕する。

葛西憲之市長は「100年目を祝うさまざまな楽しみ方を提案した。大いに楽しんでほしい」と話している。

「桃色の水面「花いかだ」弘前」の画像検索結果


スポンサードリンク

「桃色の水面「花いかだ」」の画像検索結果

お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さんによる人気絵本「えんとつ町のプペル」

枝垂れ桜で知られる弘前公園内の市民広場では、作中の絵を集めた「光る絵本展」が今月29日から5月7日まで開かれる。市によると、41点の作品は内側から光を通すパネルで展示され、絵が光って見える趣向だ。

闇に浮かぶ幻想的な光の絵と夜桜

国内外で親しまれてきた西野さんの作品展が屋外で開かれるのは初めてという。午前9時から午後9時まで無料で入場でき、日没後は闇に浮かぶ幻想的な光の絵と夜桜の共演を味わうことができる。

弘前公園外堀の水面が桃色に染まる「花いかだ」

一方、舞い落ちた桜の花びらで弘前公園外堀の水面が桃色に染まる「花いかだ」。毎年多くのカメラ好きが足を運ぶが、昨年までは堀の外側からしか撮れなかった。今年は外堀の土手を東側で3カ所開放。水面の間近から撮れるようになり、例年と趣の違う1枚を撮影できそうだ。

出典:毎日新聞

弘前公園さくらまつり、見どころ満載です。シャッターチャンスは夜まで続きます。「花いかだ」は毎年みられる光景ですが、昼の「花いかだ」も綺麗ですが夜の「花いかだ」もまた綺麗です。どちらも記憶にとどめておきたいビューポイントです。デジカメ、スマホでチャッターを押してください。動画もいいですね。いろいろ催し物もおこなわれるので楽しみ方もいろいろです。22日までもうすぐです。

AOMORI Online latest informatio

スポンサードリンク
(Visited 85 times, 1 visits today)