青森県 – 第二次青森空港活性化ビジョンを策定!

本日のアクセスランキング TOP10

  1. コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  2. 青森「大間のマグロに賭けた男たち 特別編」が初放送!@3月18日
  3. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  4. 弘前市「沢田ろうそくまつり」今年のテーマは「時代」@2019年2月19日 
  5. 青森・陸奥湾でトゲクリガニ漁が始まる!
  6. 青森「コメダ珈琲店」=「名古屋式」で全国制覇=空白県の青森に2019年6月進出-コメダ発表!
  7. 青森駅の高速バス乗り場を解説。 コインロッカーやネットカフェ、温泉など周辺の便利スポットも
  8. 【注目】凄い「さびない塗料」を弘前の会社と香川大と共同製造をスタート!
  9. 弘前市・沢田神明宮境内(旧相馬村)「沢田ろうそくまつり」2018開催!@3月2日
  10. 青森カーリング女子「チーム青森」から新たなチーム名「Delight青森」で復活!2017年12月18日

第二次青森空港活性化ビジョン=2020年までに利用者数130万人!

青森県は2018年3月30日(金)、新たに「第二次青森空港活性化ビジョン」を策定しました。

近年の国内定期便の増加や訪日外国人の急激な増加など、同空港を取り巻く環境変化へ対応し、関係者が目的意識を共有、連携強化することを目的としています。


スポンサードリンク

このビジョンは、2018年度から2022年度までの5年間で想定される施策・取組について策定したもので、青森空港が「北東北・⻘函地域のゲートウェイ」として、国内外との交流促進、地域経済の活性化に資するため、「航空ネットワークの維持・拡大」「利便性の向上」「空港を核とした地域づくり」「適切な空港運営・効率化」の4点で、継続または新たな取り組みをまとめています。

現在、青森空港発着では日本航空(JAL)が羽田、伊丹、新千歳線、全日空(ANA)が伊丹、新千歳線、フジドリームエアラインズ(FDA)が名古屋小牧線を運航しているほか、国際線は大韓航空の仁川線が週5便、奥凱航空の天津線が週2便を運航し、年間利用者数は109万人となっています。

新たに策定された目標では、これを2020年度までに、国際線を週9便、羽田便の一部大型化などにより、利用者数130万人を目指すほか、航空貨物の利用促進なども図ります。なお、詳しくは、青森県のウェブサイトを参照ください。

ニュースURL青森県 – 第二次青森空港活性化ビジョンを策定しました!

出典: FlyTeam ニュース

この記事に関連する路線・就航都市ページ

スポンサードリンク
(Visited 71 times, 1 visits today)