青森県内10病院「再編統合の議論必要」厚労省が公表。

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 青森県・鰺ヶ沢町 「幻の魚イトウ」が「満天☆青空レストラン」 2016年2月13日(土)放送
  2. 青森 2016「ミスねぶたコンテスト 」グランプリ に弘前出身・山口さんが輝いた!
  3. 白神山地の「世界自然遺産 青池」の青い色の謎がとけた!?
  4. 「全日本タレ総選挙2017」の結果発表!第一位は青森の「スタミナ源タレ」に決定!
  5. 青森出身:奈良岡希実子 早くも「かわいすぎる!」と人気急上昇中!“お天気お姉さん”!
  6. 青森・「釣り天国」のGWは マダイ、ワラサ、シーバス、ヘラブナetc「つりファン」注目!
  7. 青森県「外国人に人気の東北観光スポット」10位内に青森県6カ所(経産局まとめ)
  8. 北海道新幹線は 津軽海峡 !青函トンネル! 高倉健!映画「海峡」!へとつながる!
  9. 時代を超え 新たなる怪獣史の幕開け「シン・ゴジラ」!
  10. 青森「つがる市馬市まつり2018」開催!@8月24日~26日

青森県内10病院が再編統合の検討対象に、厚労省が公表

厚生労働省は、26日、県内10の公立病院について、診療実績が少ないことなどを理由に、再編や統合などの議論が必要だとして病院名を公表しました。
今後、自治体や医療機関などの会議で議論が進められることになります。


スポンサードリンク

厚生労働省が、再編や統合などの議論が必要だとして公表したのは、国民健康保険板柳中央病院、黒石市国民健康保険黒石病院、町立大鰐病院、国民健康保険おいらせ病院、国民健康保険南部町医療センター、国民健康保険五戸総合病院、三戸町国民健康保険三戸中央病院、青森市立浪岡病院、平内町国民健康保険平内中央病院、つがる西北五広域連合かなぎ病院の合わせて10の公立病院です。

理由としては、脳卒中や小児医療などの領域で診療実績が特に少なかったり、近くに似たような機能を持つ医療機関があったりするということが挙げられています。

県によりますと、対象の病院については、国がさらに精査を進め、来月上旬に最終的に決定するということです。

今後は、県が設けた医療機関や自治体などでつくる地域医療構想調整会議で、対象となる病院の、統合や再編について議論が進められ、来年9月末までに結論が出される見通しです。

県医療薬務課は、「必要に応じて、医療機関に助言するとともに、県内では町村部の病院が地域医療を支えているという点も踏まえながら、会議の場で丁寧に議論を進めていきたい」と話しています。

再編や統合などの議論が必要だと判断された黒石市国民健康保険黒石病院では、患者から不安の声が多く聞かれました。
黒石病院は、昭和34年に発足し、現在は17の診療科と257の病床があります。

昨年度の入院患者は1日あたり178人、外来患者は523人で、24時間体制で救急の患者も受け入れています。

市内に住む91歳の通院患者の女性は「前は弘前市内の病院に通っていたが、距離が遠くて治療をやめてしまったことがある。黒石病院がなくなったとして、バスを乗り換えてほかの病院に行くのは難しい」と話していました。

また、市内の87歳の女性は「黒石病院は先生も看護師もいい人で通っている。近くて便利な病院で足も悪いので通えなくなると困る」と不安そうにしていました。

黒石病院の村上靖事務局長は「近くに似たような病院があるということで対象になったと聞いているが、その定義がよく分からない。黒石病院は救急医療のほか、多くの診療科があり、地域住民にとっては要の病院だと思っている。

病院がなくなれば、市民の健康・安心を守れないことが危惧される」と戸惑いを見せていました。

出典:NHK News Web

スポンサードリンク
(Visited 1,210 times, 1 visits today)