弘前城天守、持ち上げる 100年ぶり曳屋工事

本日のアクセスランキング TOP10

  1. コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  2. 青森「大間のマグロに賭けた男たち 特別編」が初放送!@3月18日
  3. 弘前市「沢田ろうそくまつり」今年のテーマは「時代」@2019年2月19日 
  4. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  5. 青森・陸奥湾でトゲクリガニ漁が始まる!
  6. 青森「コメダ珈琲店」=「名古屋式」で全国制覇=空白県の青森に2019年6月進出-コメダ発表!
  7. 青森駅の高速バス乗り場を解説。 コインロッカーやネットカフェ、温泉など周辺の便利スポットも
  8. 弘前市・沢田神明宮境内(旧相馬村)「沢田ろうそくまつり」2018開催!@3月2日
  9. 【注目】凄い「さびない塗料」を弘前の会社と香川大と共同製造をスタート!
  10. 八戸市及びNEXCO東日本八戸管理事務所が進めてきた「八戸西スマートインターチェンジ」が3月23日(土)15時に開通する。

青森・弘前城  国の重要文化財の天守を約100年ぶり移動「曳屋」工事 の現場情報!

約10年がかりで石垣を解体修理し天守を元の位置に戻すための曳屋は2021年度予定。

弘前城天守、持ち上げる 100年ぶり曳屋工事   読んで見フォト   産経フォト

               ジャッキで持ち上げ移動させる「曳屋」工事が始まった弘前城の天守=16日午前、青森県弘前市       


スポンサードリンク

青森県弘前市の弘前城で16日、石垣を修理するのに伴い、国の重要文化財の天守をジャッキで持ち上げ、解体せずに移動させる約100年ぶりの「曳屋」工事が始まった。

「曳屋」工事でジャッキに持ち上げられた弘前城の天守=16日午前、青森県弘前市

 天守は高さ14・4メートル、重さが400トンで、この日の持ち上げには27台の油圧ジャッキを使用。今後、レール上の台車に乗せ、約2カ月かけて70メートル離れた仮設の天守台まで移動する予定。
 移動期間中は、曳屋の作業が見える位置に仮設展望台を設けるほか、9月20~27日に応募者らを対象とした「曳屋体験」などのイベントを開き、観光PRを図る。

内側から見た、ジャッキで持ち上げられた弘前城の天守と土台の間にできた隙間。奥に見える仮設の天守台まで移動させる=16日午前、青森県弘前市

 曳屋工事は、天守を支える土台の石垣が経年劣化や地震の影響で外側に膨らんでいることが市の調査で分かり、約10年がかりで石垣を解体修理するのに伴って行われる。現存する全国の天守のうち曳屋をするのは弘前城だけ。元の位置に天守を戻すための曳屋は2021年度に予定されている。

出典:産経フォト

スポンサードリンク
(Visited 55 times, 1 visits today)