青森県三沢漁港で「漁船避難ルール」の実証試験

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 白神山地の「世界自然遺産 青池」の青い色の謎がとけた!?
  2. 青森が生んだ「美少女・駒井蓮さん15歳」女優 CMに登場!
  3. 青森県産リンゴ の新品種「はつ恋ぐりん」限定販売!
  4. 青森の釣り・深浦沖で超高級魚「アカムツ=ノドグロ」を追う!
  5. 奥入瀬渓流沿いオープンバスのツアー開始:2020年8月1日~
  6. 変わった!「世界最速列車」国別ランキング発表!
  7. Welcom to AOMORI-Shi 青森市レンタサイクル!
  8. 「青森・竜飛崎 」から北海道がくっきりと見える (2017年4月)
  9. 青森・美人『第1回美しい20代コンテスト』受賞者お披露目発表会が29日 都内で開催された。
  10. 第34回「弘前城ミス桜グランプリ」に木村さん(24)が輝いた!

青森県三沢漁港で「漁船避難ルール」の実証試験

東日本大震災で被害を受けた青森県三沢漁港で、津波襲来時の「漁船避難ルール」を作るための実証試験が7日に行われた。

試験には、漁業者のほか三沢市、県の関係者らが参加した。三陸沖北部を震源とする震度6強の地震が発生し、津波警報が出され、30分後に3メートルの津波が押し寄せるという想定だ。

写真・図版

津波警報を受け避難海域に向かう漁船=2020年2月7日午後2時8分、青森県三沢市


スポンサードリンク

避難海域は、沖合約8キロで水深が約50メートルの場所。漁業者たちは避難の呼びかけと同時に、係留していた漁船に徒歩や車で急行。漁船7隻が一斉に出港し、全速力で避難海域に向かった。漁船は、目標とした30分以内に避難海域に到着した。

ここから続き

 意見交換では、漁業者から「一斉に避難すると港口が混み合う可能性がある」「雪や霧など天候が悪い時でも出られるのか」「入ってくる船がいれば危ないのでは」「夏には100隻になることもある。混み合うので大丈夫か」といった課題が挙げられた。

 漁船避難ルールは、災害時、沖合に漁船を避難させる「沖出し」の条件や避難先などについて検討するもの。三沢市は今年度内にも策定する方針だといい、市水産振興課の田鎖豊課長は「出された課題を解決しながら最善策を考えたい」と話した。

出典:朝日新聞デジタル

スポンサードリンク
(Visited 204 times, 2 visits today)