青森屋 雪化粧した公園を巡る「ストーブ馬車」運行 期間:2020年12月1日~2021年3月31日

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 日本を代表する夏祭り青森「ねぶた」とコラボ  椎名林檎
  2. 青森県産リンゴ の新品種「はつ恋ぐりん」限定販売!
  3. 「りんご娘」地方創生アイドル“襲名” 「青森県産リンゴ娘」!
  4. 「全日本タレ総選挙2017」の結果発表!第一位は青森の「スタミナ源タレ」に決定!
  5. 青森 2016「ミスねぶたコンテスト 」グランプリ に弘前出身・山口さんが輝いた!
  6. 青森の釣り・深浦沖で超高級魚「アカムツ=ノドグロ」を追う!
  7. 2018「南部地方えんぶり」開催!@2月10日~11日
  8. 「青森産美BODYガール」=北向珠夕の大収穫 ”りんごグラビア”!?
  9. 「大正天皇初等科時代の制服」弘前に現存していた。
  10. 弘前城雪燈籠まつり2020始まる

青森屋 薪ストーブであたたまりながら雪化粧した公園を巡る「ストーブ馬車」運行 期間:2020年12月1日~2021年3月31日

青森屋 薪ストーブであたたまりながら雪化粧した公園を巡る「ストーブ馬車」運行 期間:2020年12月1日~2021年3月31日

スポンサードリンク

       

青森の文化を満喫できる宿「星野リゾート 青森屋」では、2020年12月1日~2021年3月31日の期間、薪ストーブであたたまりながら雪化粧した公園を巡る「ストーブ馬車」を運行します。安心してご利用いただけるように、各回1組限定、最大6名の貸切で運行します。

本アクティビティにおけるコロナ対策
・馬車内でソーシャルディスタンスを保てるように、各回1組限定、最大6名で運行します。
・同行するスタッフはマスクを着用します。また、健康・衛生管理を徹底します。
・アイテムは、適切に消毒したものを使用します。
・集合場所のフロントに、手指消毒用アルコールを設置します。
また、馬車内は定期的に換気を行います。
・検温によりお客さまの健康状態を把握します。発熱等が認められた場合には、参加をお控えいただく 場合があります。

寒い冬でも快適に過ごせる薪ストーブ付きの馬車


馬車の中に薪ストーブを設置しており、車内であたたまれるので、青森の寒い冬でも快適に過ごせます。ストーブは、日本三大駒のひとつに数えられる、青森県南部地方の伝統工芸品「八幡馬(やわたうま)」の形をしています。

あたたかい車内でアイス大福と香ばしいスルメを堪能

馬車に揺られ、体があたたまったところで提供されるのは、南部煎餅ではさみ、雪ん子がわらがさを被った形のアイス大福と、薪ストーブで香ばしく炙ったスルメです。あたたかい車内で雪景色を眺めながら冷たいおやつを食べ、ストーブでじっくり炙るスルメと薪の香りを楽しみ、冬を満喫できます。

名馬の産地である青森の暮らしを体験するアクティビティ

かつて名馬の産地だった青森県では、農耕や荷物の運搬、交通手段として運行する馬車など、馬は人々の暮らしに欠かせず、家族のような存在として大切にされました。馬が身近にいた暮らしの一部を体験してもらえるように、青森屋では公園を巡る馬車の運行をしています。春は、炉端で「じゅね餅(*)」を焼く「花より団子馬車」、夏は冷たい果物を食べる「冷っこい果実馬車」、秋は紅葉を見ながら赤と黄の2種類のりんごを食べ比べする「紅葉りんご馬車」と内容が変わり、季節ごとに楽しめます。 *じゅねとは、青森の方言でエゴマのこと。エゴマを煎って味噌と和えた「じゅね味噌」を餅に塗った青森の郷土菓子。

「ストーブ馬車」概要

期間  :2020年12月1日~2021年3月31日
場所  :公園内
時間  :8:30/9:00/9:30/10:00/10:30/11:00
定員  :各時間1組限定6名まで
所要時間:1周約20分
料金  :大人1,200円/小学生1,000円/未就学児700円(税別)
予約  :公式サイト([https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/aomoriya/]{https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/aomoriya/})にて3日前まで受付 備考  :天候や馬の体調により中止になる場合があります。

出典:excitニュース

スポンサードリンク
(Visited 18 times, 1 visits today)