新青森駅そばに「青森新都市病院」完成!

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 黒石「ふるさと元気まつり2018 」開催!@8月17日
  2. むつ市「田名部まつり 2018」開催!@8月18日~20日
  3. 黒石「ふるさと元気まつり」 2017 開催!⦅8月17日 ⦆
  4. 青森「のへじ祇園まつり2018」開催!@8月16日~19日
  5. AOMORI「黒石よされ(流し踊り)2018」開催!8月15日~16日
  6.  コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  7. 青森・田舎館村「田んぼアート2018」見ごろご案内!
  8. AOMORI「野辺地花火大会2018」開催!@7月15日
  9. 青森・黒石市「黒石こみせまつり2018」開催!@9月8日~9日
  10. 行くべぇ東北 2015! 青森宿泊宿ランキング 情報

新青森駅そばに「青森新都市病院」が完成!

最先端のがん治療が受けられる病院が、新青森駅近くに5月オープンします。

開業が半月後に迫った14日、地域住民を対象にした内覧会が開かれました。

5月1日開業。外来患者は、5月8日から受け付けます。「青森新都市病院」

2017/04/14(金) 18:11


スポンサードリンク

内覧会が行われたのは、北海道で複数の病院を展開する医療法人、「雄心会」が新たに手掛ける、「青森新都市病院」です。14日、地域住民を中心に多くの人が訪れ、期待の高さがうかがえました。

「青森新都市病院」は地下1階、地上7階建てで、新青森駅から徒歩3分という場所に立地します。常勤、非常勤合わせた医師は20人以上が所属、脳神経外科や消火器内科など13の診療科目に応じす。

最新の医療機器を数多く備えていて、このうち患部に放射線を当ててガン細胞を取り除く、最先端の放射線治療装置「ノバリス」は、県内初お目見えとなります。

出典:ABAニュース

最先端の装置「ノバリス」でがん治療が可能になった!

関連記事:ノバリス

「青函連携」函館の法人1 青森に「青森新都市病院」開設

北海道函館市の医療法人「雄心会」が運営する「青森新都市病院」が青森市のJR新青森駅近くに完成し、14日、内覧会があった。雄心会によると、道南の医療法人が青森県内に病院を新設するのは初めて。

5月8日の外来診療開始を前に、住民ら約1000人が最先端の医療機器を備えた施設を見学し、医療面での青函連携に期待を寄せた。

診療科目は形成外科や歯科など13科目。病床数は191床。地下1階、地上7階で延べ床面積約1万7000平方メートル。常勤医師14人を含む約300人体制で運営する。東京慈恵医大の医師も非常勤として勤務する。

雄心会は、2013年から経営難に陥った青森市内の2病院を運営。ただ、市内には急性期患者に対応する病院が少なく、新病院の開設を決めた。

東北で仙台市内にしかないという高精度放射線治療装置「ノバリス」や音のしない磁気共鳴画像装置(MRI)など最新機器を配備した。青森市内に専門医師が少ないカテーテル手術では、函館市から脳神経外科医の派遣も想定する。

移転開設準備室の狩野利夫室長は「函館の病院にもない設備があり、道南の患者の利用も考えられる。新幹線の駅に近く、医師が移動しやすい」と話した。
見学した近くに住む主婦加藤美智子さん(62)は「最先端の機器ばかりで驚いた。近くに大きな病院ができるのはありがたい」と期待した。

出典:川北新報

 新青森駅そばに最先端医療の医療機器がそなわる「青森新都市病院」は今の時代、これから未来にむかう時代にとっては非常に期待される。設備と高度医療を受けられることは市民、県民にとってはとてもありがたい総合病院となると思います。日本人のがんの割合はますます高くなっており、特に青森県の全国の死亡率では第一位を何年間も更新している状態を考えると今回の新病院は意義がたかいとおもいます。また健康予防医学の対策も青森県民にとっては必須であることも理解していく必要があります。これからの高齢化社会にどう向き合っていくか、課題は続きます。

AOMORI Online latest informatio

スポンサードリンク
(Visited 929 times, 1 visits today)