青森・十三湖水戸口突堤「土木遺産」認定祝う

本日のアクセスランキング TOP10

  1. サクランボ🍒・新品種「ジュノハート」今夏「青森県内」デビュー!2019年 夏
  2. 2017 八戸市・南郷観光農園 さくらんぼ狩り体験だよ🍒!
  3. 青森県産サクランボ新品種「ジュノハート」「ハートビート」収穫始まる
  4. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  5. クマ出没注意:奥入瀬渓流遊歩道の一部立ち入り禁止
  6. 十和田湖高原ゴルフクラブ2020年6月1日オープン!
  7. あおもり平川市在住の書家、西谷昇仙が3回目となる還暦記念をかねた個展開催!
  8. 限定ブランド「八戸前沖さば」の代表的な料理として人気の「棒寿司」ご紹介!
  9. 五所川原「リンゴ柄マスク」再販売→即完売
  10. 青森の味「イギリストースト」が 北海道に上陸!札幌で販売!

土木学会「選奨土木遺産認定」を記念する式典が青森で行われた。

「十三湖水戸口突堤(みとぐちとってい)」土木学会選奨土木遺産認定。

岩木川改修期成同盟会(会長・平山誠敏五所川原市長)は13日、五所川原市にある「十三湖水戸口突堤(みとぐちとってい)」の土木学会選奨土木遺産認定を記念する式典を同市相内の青森あすなろホール市浦で開いた。

【写真説明】推奨土木遺産認定に伴い、認定証と銘板を渡された佐々木幹夫八戸工業大学大学院教授(中央)と平山市長(右)

スポンサードリンク

岩木川河口部で長年課題だった、砂による閉塞(へいそく)を解決した十三湖水戸口突堤の意義を改めて確認した。
関係者約100人が出席した記念式典では、十三湖水戸口突堤を完成させた経緯を紹介。藩政時代から何度も作られては閉塞した水戸口について、当時の技術者らは数年かけて潮の流れや砂の動きを分析し、川と海のエネルギーが絶妙な形で保たれる突堤の位置と形を設定した―と指摘した。
十三湖はヤマトシジミの産地でも有名な場所です。夏場はとくに多くの観光客がおとずれ、シジミ採りもでき、家族そろって楽しめる観光地です。十三湖は沖には行けませんが、足のひざぐらいでシジミが取れます。
出典:陸奥新報
AOMORI Online latest information
スポンサードリンク
(Visited 162 times, 1 visits today)