青森県で初 「つがるプロレス」発足! 弘前を拠点に活動!

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 青森「つがる市馬市まつり2018」開催!@8月24日~26日
  2. あおもり黒石「ふるさと元気まつり2019」花火大会開催:2019年8月17日
  3. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  4. 青森・平内町「ほたての祭典2018」開催!@9月16日
  5. つがる市馬市まつり2019開催:2019年8月23日~25日
  6. 「全日本タレ総選挙2017」の結果発表!第一位は青森の「スタミナ源タレ」に決定!
  7. 東奥日報新町ビルNew’sが2019年4月1日オープン!
  8. タピオカスイーツ専門店が青森県初出店=五所川原市・エルムの街:2019年7月12日
  9. 「青森・竜飛崎 」から北海道がくっきりと見える (2017年4月)
  10. ふるさと名物商品全品30%OFF情報!

なんと、みちのく「つがるプロレス(TPW)」発足!

「五所川原吾作」のリングネーム=gosaku選手ら弘前市を活動拠点に発足した。

同市在住のgosaku選手(38)=弘大付中出身=を看板に、

2015年9月20日には市内でプレ旗揚げ戦を行った。

つがるプロレス立ち上げ


スポンサードリンク


「五所川原吾作」のリングネームで、大仁田厚選手率いる

FMWの選手として活動している。

得意技は「弘前城落とし」を必殺技とする。

大仁田厚選手の電流爆破金網デスマッチはプロレス界では有名

知らない人はいないと思う。。。確かに!

今回の「つがるプロレス(TPW)」のコンセプトを強く打ち出して

ほしいと、一プロレスファンとして思うところです。

初代 TPW チャンピオンが出てくるの待ち遠しいですね。

もっともっと津軽を盛り上げてほしいと思います。

応援しています。あおもりおんらいんも応援してます。

青森県で初 「つがるプロレス」発足へ 弘前を拠点に活動 どうしんウェブ/電子版(青森からこんにちは)

 9月のプレ旗揚げ戦へ意気込むgosaku選手(中央)と共同代表の福士さん(右)、今泉さん

青森県内初のプロレス団体「つがるプロレス(TPW)」が7月、弘前市を活動拠点に発足する。

同市在住のgosaku選手(38)=弘大付中出身=を看板に、2015年9月20日には市内でプレ旗揚げ戦を行う。いじめ完全撲滅を掲げるTPWは、子どもたちに夢と希望を与えるファイトを繰り広げるという。

gosaku選手は「五所川原吾作」のリングネーム

大仁田厚選手率いるFMWの選手として活動。今年4月、新生FMWの興行が弘前市で行われた際、gosaku選手がFMWの福士祐一取締役に地域密着型のプロレス団体の設立を打診し、話が一気に進んだ。

TPWの共同代表には福士取締役と、プロレスを愛してやまない弘前市議の今泉昌一さんが就いた。

所属選手は現時点で、gosaku選手と、女子レスラーの「ひろさき さくら」の2人のみ。

ただ、2015年19日にgosaku選手らが市役所で蛯名正樹副市長を表敬訪問した際、今泉さんが、市のマスコットキャラクター「たか丸くん」を題材にした覆面の製作許可を打診。蛯名副市長も快諾したことから、今後、第三のレスラーも登場しそうだ。

他の団体プロレスと対戦がメインとなる

本格的な旗揚げ戦は来年3月ごろ。興行は年3、4回を想定し、他団体の選手との対戦が中心となる。このほか、小学校での講演や雪下ろし、リンゴもぎの手伝いといった地域に根ざした活動も行う。

「弘前城落とし」を必殺技とするgosaku選手は、2015年19日の会見で「楽しく、明るいプロレスを目指す」と強調。地獄車は?

長年封印していたという絞め技「弘大付中絞め」の解禁も宣言し、早速、報道陣にお見舞いしていた。

 出典:北海道新聞

2015つがるプロレスを堂々と旗揚げ!つがるにも大きな楽しみができました。

2016試合スケジュールやレスラー情報は下記の公式サイトをご参照ください。

                    I【応援してます】                   

I ーーーーーーーーーーTPW つがるプロレス 公式サイト

SAMPLE CLUB

つがるプロレス

≪つがるプロレス選手紹介≫

出典: TPW つがるプロレス 公式サイト

スポンサードリンク
(Visited 244 times, 1 visits today)