日本で人気の高い夏祭り2017「青森ねぶた祭」200万人以上の来場者熱狂!

本日のアクセスランキング TOP10

  1. コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  2. 青森「大間のマグロに賭けた男たち 特別編」が初放送!@3月18日
  3. 弘前市「沢田ろうそくまつり」今年のテーマは「時代」@2019年2月19日 
  4. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  5. 青森・陸奥湾でトゲクリガニ漁が始まる!
  6. 青森「コメダ珈琲店」=「名古屋式」で全国制覇=空白県の青森に2019年6月進出-コメダ発表!
  7. 青森駅の高速バス乗り場を解説。 コインロッカーやネットカフェ、温泉など周辺の便利スポットも
  8. 弘前市・沢田神明宮境内(旧相馬村)「沢田ろうそくまつり」2018開催!@3月2日
  9. 【注目】凄い「さびない塗料」を弘前の会社と香川大と共同製造をスタート!
  10. 八戸市及びNEXCO東日本八戸管理事務所が進めてきた「八戸西スマートインターチェンジ」が3月23日(土)15時に開通する。

2017『青森ねぶた祭』200万人以上を熱狂させた日本屈指の祭り!

大型アオモリねぶたの迫力と跳人のパフォーマンスに興奮の渦に巻き込まれた!

世界各国からの多くの人々も祭りに熱狂した。

『青森ねぶた祭』は日本の代表的な伝統文化として国の重要無形民俗文化財の指定を受けている。

8月2日(水)から8月7日(月)の6日間にわたって、青森県青森市の青森市中心部で、『青森ねぶた祭』が開催された。毎年、延べ200万人以上の観光客が訪れ、国内だけではなく世界各国からの人々で賑わい、1980年には国の重要無形民俗文化財に指定されている。

 


スポンサードリンク

画像の説明はこちらから⇒2017青森ねぶた」

時間を忘れるほどの大型ねぶたの魅力に圧倒的だった。

「ラッセラー、ラッセラー、ラッセ、ラッセ、ラッセラー!」

勢いある掛け声とともに、ねぶた運行がスタートした。華やかな浴衣や花笠を身につけた「跳人(はねと)」と呼ばれる踊り子が、力強い「ラッセラー、ラッセラーー!」の掛け声とともに跳ね踊る。笛や太鼓のお囃子に合わせた独特のリズムのパフォーマンスは、まさに祭りの勢いを盛り上げている。記憶にのこる笛のリズムと太鼓のリズムは、人を寄せ付けるなにかがある。

また、跳人として一般観光客の方も衣装を購入するかレンタルで跳人の衣装と同じ格好で、スタートラインから参加できます。ただ気を付けて跳ねてください。足がいたくなりますので。

2017ミスねぶたらが出迎えてくれた

出典:Spice

2017年 受賞ねぶた総合賞、ねぶた大賞

あおもり市民ねぶた実行委員会 『紅葉狩』 作:北村 麻子

知事賞

ヤマト運輸ねぶた実行委員会 『赤沼伝説』 作:北村 隆

市長賞

日立連合ねぶた委員会 『吹越村の火消し権現』 作:北村 蓮明

商工会議所会頭賞

青森菱友会 『七戸立』 作:竹浪 比呂央

観光コンベンション協会会長賞

に組・東芝 『空飛ぶ権現様と火消』 作:北村 隆

部門賞

運行・跳人賞

日立連合ねぶた委員会

囃子賞

日立連合ねぶた委員会

制作者の部

最優秀制作者賞

北村 麻子 『紅葉狩』 (あおもり市民ねぶた実行委員会)

優秀制作者賞

北村 隆 『赤沼伝説』 (ヤマト運輸ねぶた実行委員会)

優秀制作者賞

北村 春一 『妖術師 滝夜叉姫』 (NTTグループねぶた)

「観光列島=日本」 大改造?

年々、観光客が増加しており、海外からの来場者も増えています。青森ねぶたの知名度は世界にさらに広がりを見せている。インバウンドによる観光資源を知っていただくとともに青森の四季、温泉、スポーツ、観光名所などのPRも拡大していって欲しいと思います。

青森オンライン最新情報

スポンサードリンク
(Visited 383 times, 1 visits today)