第一回「東北絆まつり」開催の発表!(2017年6月10~11日)

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 青森・北海道「イワシの大量漂着」相次ぐ 地元漁師「はじめて」なぜ!
  2. 「りんご娘」地方創生アイドル“襲名” 「青森県産リンゴ娘」!
  3. 青森・五所川原に初の本格「インドカレー専門店」が3月にオープンしました!
  4. 「青森・竜飛崎 」から北海道がくっきりと見える (2017年4月)
  5. 佐々木真央さんの歌声どうぞ!青森の歌姫!
  6. 白神山地の「世界自然遺産 青池」の青い色の謎がとけた!?
  7. 恐山が山開きした。祈りの山に春 あおもり・むつ市!(5月1日)
  8. 青森 新企画 名付けて「短命県体験ツアー」誕生秘話!
  9. SL青森―弘前を走る!蒸気機関車「SL銀河青函DC号」
  10. 津軽富士見湖=期間限定!「鶴の舞橋」行き 特別料金タクシー運行!

「東北六魂祭」の後継「東北絆まつり」仙台市で6月11日パレード!千人見込む!

仙台市は25日、東日本大震災からの復興を願って行われた「東北六魂祭」の後継イベントとして6月10、11日に同市で開催する「東北絆まつり」の概要を発表した。東北6県を代表する夏祭りが集うパレードは11日午後にあり、市中心部の1・1キロのコースを千人超が練り歩く。

 昨年6月、最後となった「東北六魂祭」で、パレードを終えた踊り手たち=青森市
昨年6月、最後となった「東北六魂祭」で、パレードを終えた踊り手たち=青森市

スポンサードリンク

絆まつりは、震災後の2011年7月に仙台市で初めて開かれた六魂祭と同様に、青森ねぶた祭や秋田竿灯まつりなど6県の祭りが一堂に会する。パレードのほか、メイン会場の仙台市内の公園で六つの祭りをPRし、ねぶたや竿灯を展示もする。

「東北六魂祭」は昨年6月の青森市で6県を一巡して終了した。その後継まつりが「東北絆まつり」である。

東北絆まつり仙台


時のたつのは早い、「東北六魂祭」は復興を願って6県で開催された。その後継まつりが「東北絆まつり」である。当然、東北の復興を継承するまつりである。11日にはパレードもあり、盛り上がりがきたいされる。個人の有料観覧席のチケットも販売されますのでご確認ください。2017も東北は熱い!

AOMORI Online latest informatio

スポンサードリンク
(Visited 364 times, 1 visits today)