2018年の青森県内でのスギ花粉飛散予測は!(2月27日予測)

本日のアクセスランキング TOP10

  1. コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  2. 青森・「釣り天国」のGWは マダイ、ワラサ、シーバス、ヘラブナetc「つりファン」注目!
  3. 青森港の新施設の名称は「青森港国際クルーズターミナル」に決定した!
  4. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  5. 青森・陸奥湾でトゲクリガニ漁が始まる!
  6. あおもり「ひらないの春まつり」2019開催!わんこホタテ世界選手権@5月3日!
  7. 八戸の新鮮魚介販売拠点「みなとっと」オープン!@2019年4月21日
  8. 「RAB青森放送×スイーツ&デリシャスフェスタ」期間限4/28~ (イオンモール下田)
  9. 東奥日報新町ビルNew’sが2019年4月1日オープン!
  10. あおもり・蟹田「蟹と しろうお祭り」開催!

「青森スギ花粉予測」=八戸は少なめ、青森は「大飛散」か!

早めの対策がカギ、お医者さんに早めいき薬を処方してもらう、飲み薬、目薬、マスク、うがい、空気清浄機など。

青森県花粉情報研究会(会長・松原篤弘前大大学院教授)が27日までのまとめ

2018年の県内でのスギ花粉飛散予測によると、八戸市は平年に比べて若干少なめだが、青森市は平年の2倍以上の「大飛散」になると予想される。むつ市は昨年よりやや多めとなりそうだ。県内では20日、八戸市で今年初の花粉の飛散が観測されており、研究会はマスクの着用など花粉対策を呼び掛けている。

スギ花粉予測 八戸は少なめ、青森は「大飛散」か

スポンサードリンク

同研究会によると、予想飛散総数は、八戸市が1平方センチメートル当たり5千~6千個で、17年の飛散数7801個を下回る見込み。青森市は7900~8900個で、過去10年で最も多かった09年の飛散数(9486個)に次ぐ多さに。むつ市は平年より少し多い1500~2500個。

飛散のピークは3月下旬~4月上旬とみられ、5月上旬まで飛ぶ見通しだ。特に、空気が乾燥している日や気温が高い日に多く飛散するという。

研究会は、手軽な対策として▽寝不足や過度なストレスを避ける▽外出時はマスク、眼鏡を着用する▽帰宅時は洗顔とうがいを徹底する、などを挙げている。

出典:Yahooニュース

出典元:デイリー東北

スポンサードリンク
(Visited 146 times, 1 visits today)