2018年の青森県内でのスギ花粉飛散予測は!(2月27日予測)

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 青森「つがる市馬市まつり2018」開催!@8月24日~26日
  2. 三沢の夏の祭典「三沢まつり2019」開催:8月22日~25日
  3. 青森県上北群「東北町秋まつり2018」開催!@8月23日~26日
  4. タピオカスイーツ専門店が青森県初出店=五所川原市・エルムの街:2019年7月12日
  5. AOMORI「2019田舎館・夏のいちごいち」:8月24日~25日開催!
  6. 【速報!】 2017ミス・ユニバース青森代表は相馬さんに決定!
  7. あおもり・「だし活」CMダブル受賞に係る青森・知事を表敬訪問しました(5月12日)
  8. 2017 「つがる市馬市まつり」開催!⦅8月25日~27日⦆
  9. 「青森・竜飛崎 」から北海道がくっきりと見える (2017年4月)
  10. 青森県民は太りやすい !? ライザップが発表した「都道府県別BMI分析」

「青森スギ花粉予測」=八戸は少なめ、青森は「大飛散」か!

早めの対策がカギ、お医者さんに早めいき薬を処方してもらう、飲み薬、目薬、マスク、うがい、空気清浄機など。

青森県花粉情報研究会(会長・松原篤弘前大大学院教授)が27日までのまとめ

2018年の県内でのスギ花粉飛散予測によると、八戸市は平年に比べて若干少なめだが、青森市は平年の2倍以上の「大飛散」になると予想される。むつ市は昨年よりやや多めとなりそうだ。県内では20日、八戸市で今年初の花粉の飛散が観測されており、研究会はマスクの着用など花粉対策を呼び掛けている。

スギ花粉予測 八戸は少なめ、青森は「大飛散」か

スポンサードリンク

同研究会によると、予想飛散総数は、八戸市が1平方センチメートル当たり5千~6千個で、17年の飛散数7801個を下回る見込み。青森市は7900~8900個で、過去10年で最も多かった09年の飛散数(9486個)に次ぐ多さに。むつ市は平年より少し多い1500~2500個。

飛散のピークは3月下旬~4月上旬とみられ、5月上旬まで飛ぶ見通しだ。特に、空気が乾燥している日や気温が高い日に多く飛散するという。

研究会は、手軽な対策として▽寝不足や過度なストレスを避ける▽外出時はマスク、眼鏡を着用する▽帰宅時は洗顔とうがいを徹底する、などを挙げている。

出典:Yahooニュース

出典元:デイリー東北

スポンサードリンク
(Visited 157 times, 1 visits today)