八戸 企画展「えんぶり展」「ひな人形展」@2018年1月27日~3月11日

本日のアクセスランキング TOP10

  1.  コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  2. 「2018青森港クルーズ豪華客船」寄港スケジュールまとめ!寄港数UP!
  3. 十和田湖「花火大会2018」=【第53回十和田湖 湖水まつり】開催!@7月14日~15日
  4. 青森・弘前=第19回「よさこい津軽2018」開催!@6月24日
  5. ふるさと名物商品全品30%OFF情報!
  6. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017時刻表
  7. 「青森安潟みなとまつり」 7月17日から開催
  8. 青森港「豪華クルーズ客船寄港」2018年は過去最高の25回に !
  9. 「みちのくプロレス」黒石大会のお知らせ!
  10. 青森2017「岩木山」 山開きした!

八戸 企画展「えんぶり展」「ひな人形展」

開催期間:

春の訪れを知らせる“えんぶり”と“ひな人形”の企画展が、八戸市博物館で開催されます。

本開催で八戸の歴史と伝統を再発見するチャンスです「えんぶり展」「ひな人形展」

「えんぶり展」では、豊作を願う八戸の代表的な伝統芸能えんぶりの起源を記した秘蔵の巻物や、明治初期のえんぶり組の旗などが紹介されます。2月18日と19日には、学芸員がえんぶり展を分かりやすく解説するギャラリートークも行われます。一方「ひな人形展」では、同館に収蔵されている八戸の商家に江戸時代から伝わるひな人形と、個性豊かな日本各地の郷土びなが展示されます。

企画展「えんぶり展」「ひな人形展」


スポンサードリンク

国指定史跡「根城跡(ねじょうあと)」の一角に建つ歴史系博物館。常設展は4つの展示室で構成されている。「考古」「歴史」「民俗」の各展示室では、縄文時代から中世までの遺跡からの出土品や江戸時代の八戸藩の様子、厳しい風土の中でたくましく生きてきた地域の人々の暮らしなどを学ぶことができる。「無形資料」の展示室では、八戸地域の昔話、民謡、わらべ歌、方言のほか、八戸市内の小学校から大学の校歌、芸能、祭りなどの映像を見ることができる。縄文土器をまねて粘土に縄の文様をつけたり、破片から土器を復元する体験ができたりするコーナーもある。

開催内容

開催地:
八戸市博物館
開催期間:

※イベントの中止や開催期間の変更に関しては、「問い合わせ先」欄に掲載の連絡先までご確認ください。
料金:
大人250円、大高生150円、中小生50円 ※市内の小中学生は無料
問い合わせ先:
八戸市博物館 0178-44-8111
関連サイト:
http://www.hachinohe.ed.jp/haku/(外部サイト)

八戸市博物館

ホームページ(外部サイト)

施設の詳細情報
八戸市博物館
八戸市博物館の地図
住所
青森県八戸市根城字東構35-1
お休み
毎週月曜(第1月曜・祝休日・振替休日は開館)、祝休日・振替休日の翌日(土日祝は開館)
料金
大人250円、大高生150円、中小生50円 ※特別展期間中は料金が変わります。
問い合わせ先
八戸市博物館 0178-44-8111
アクセス
東北新幹線「八戸駅」1番のりばから「田面木経由中心街方面行」のバス約15分「根城(博物館前)」~徒歩1分

出典:Yahooロコ

スポンサードリンク
(Visited 54 times, 1 visits today)