青森市「寿命延伸フェア2019」開催!全国ワースト「短命県」脱却へ! 

本日のアクセスランキング TOP10

  1. ふるさと名物商品全品30%OFF情報!
  2. 日本を代表する夏祭り青森「ねぶた」とコラボ  椎名林檎
  3. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  4. 十和田湖高原ゴルフクラブ2020年6月1日オープン!
  5. 青森・鶴田 津軽富士見湖「全国へら鮒(ぶな)つり大会」(4月30日)
  6. 2017 八戸市・南郷観光農園 さくらんぼ狩り体験だよ🍒!
  7. 青森・リンゴ園に「野ネズミハンター」=「フクロウ」誕生!
  8. クマ出没注意:奥入瀬渓流遊歩道の一部立ち入り禁止
  9. 青森の味「イギリストースト」が 北海道に上陸!札幌で販売!
  10. 「日本の祭り」全体の将来を考える時がきている!?

全国ワースト「短命県」脱却へ 青森市「寿命延伸フェア2019」開催!

来場者とともに簡単な運動を行う青森県立中央病院健康推進室の西村司主幹(右)とお笑いコンビ「キューティーブロンズ」の2人=青森市新町の男女共同参画プラザで2019年11月14日14時35分

スポンサードリンク

 平均寿命が全国でも短い「短命県」脱却につなげようと、青森市は14日、同市新町の男女共同参画プラザで「あおもり健康寿命延伸フェア」を開いて健康診断や健康相談を受け付け、来場者に健康情報を啓発した。

 厚生労働省の「都道府県別生命表」では2015年の県内の平均寿命は男性が78・67歳、女性が85・93歳で、いずれも全国ワーストにとどまり、健康課題の克服が急務となっている。

 同フェアでは血圧や血糖値のほか、脳年齢や骨密度、体組成などを測定。食生活や糖尿病の療養、禁煙などの相談を受け付け、会場は家族や友人連れの来場者でにぎわった。

 同市の小野寺晃彦市長は地域ごとの健康診断の受診率などのデータや、運動講座などの取り組みを紹介し、「皆で一緒に続けるのが健康作りの秘訣(ひけつ)。地域での活動に顔を出していただければ」と話した。

 県立中央病院の健康推進室の西村司主幹は、「運動はどんな薬よりも体に効きます」と、その場でできる簡単な運動を紹介。お笑いコンビ「キューティーブロンズ」の2人と共に体操を行って、会場を盛り上げた。

 同市保健所の健康寿命対策室の佐々木正幸室長は、「体が悪くなってから病院に行くのでなく、早期に健康診断を受け、健康を意識してほしい」と呼びかけた。

 健康診断を受診した同市の無職、宮﨑三男さん(90)は「診断が満足のいく結果で良かった。人生100年時代、食生活にも気を配りたい」と話した。

出典:毎日新聞

スポンサードリンク
(Visited 10 times, 1 visits today)